白だし通販 TOP > 法人のお客様 > ニュースリリース

ニュースリリース

2015年2月17日

産学連携 クラーク記念国際高等学校 名古屋キャンパスの生徒と共同開発

天下飯シリーズ「お茶漬けの素」「煮物の素」「煮魚の素」

日本で最初に白だしを開発した蔵元・七福醸造から2/21発売

白だしの製造・販売を手掛ける七福醸造株式会社(愛知県安城市 代表取締役:犬塚元裕)は、クラーク記念国際高等学校名古屋キャンパスの生徒と天下飯シリーズ3種類「お茶漬けの素」「煮物の素」「煮魚の素」(各150ml・税抜き500円)を共同開発いたしました。

2月21日、七福醸造グループ通販部門「株式会社 味とこころ(フリーダイヤル0120-49-0855 URL http://www.ajitokokoro.jp/)」での販売開始を皮切りに、スーパーなど小売店への流通も順次開始いたします。

 

天下飯シリーズ「お茶漬けの素」「煮物の素」「煮魚の素」    

【商品概要】

商品名:天下飯シリーズ

「お茶漬けの素」「煮物の素」「煮魚の素」

内容量:各150ml  

価 格:各500円(税抜)

発売日:2015年2月21日

特 長:他の調味料は一切不要。これ1本で味付け可能。

天下飯シリーズで作った「お茶漬け」、「煮物」、「煮魚」の写真

■天下飯シリーズ
・織田信長が戦の前に食べたとされる「湯漬飯(お茶漬け)」
・豊臣秀吉が好んで食べたとされる野菜を美味しく食べられる「煮物」
・徳川家康が好んで食べたとされる魚を美味しく食べられる「煮魚」
「愛知県に縁ある武将たちが好んで食べたとされる料理を現代の食卓でも手軽に楽しんでもらいたい」という高校生の想いのもと共同開発した商品を、ぜひお召し上がりください。


◆クラーク記念国際高等学校(広域通信制)
1992年開校。「Boys Be Ambitious」の言葉で知られるクラーク博士の精神を教育理念とし、全国で11000人以上の生徒が学ぶ日本最大の高校です。通信制ですが制服を着て毎日通学する「全日型教育」を行っています。開校以来、80歳で3度目のエベレスト登頂に成功した三浦雄一郎氏が校長を務めており、世界で活躍できる力を育てるための実践的な国際教育も充実しています。
□開校      : 1992年
□校長      : 三浦 雄一郎(80歳にしてエベレスト登頂成功)
□名古屋キャンパス: 愛知県名古屋市中村区名駅3丁目11-20
□ホームページ  : http://www.clark.ed.jp/chubu/nagoya/


◆七福醸造株式会社
七福醸造株式会社は日本で初めて白だしを開発した会社で、日本一の白だしの品揃えを誇ります。原材料と製法に徹底的にこだわり、白だしをはじめとした調味料の製造、販売、通信販売を手がけています。また、業界に先駆け「有機JAS白醤油工場」の認定を受けており、現在でも白醤油の会社としては全国でただ一社です。
□創業      : 1950年(昭和25年)10月
□代表取締役社長 : 犬塚 元裕
□資本金     : 1億円
□事業内容    : 白だしの製造・販売
□ホームページ  : http://www.7fukuj.co.jp/



  • 法人のお客様
  • 個人のお客様
  • 工場見学 ありがとうの里

イベント情報

ニュースリリース

忘れられない 母の味

“七福醸造”育メン営業マン 本間ブログ

三河湾チャリティー 100km歩け歩け大会

お問い合せはこちら

ISO22000

JAS 日本認証サービス GMJP 1216-01

「世界中の子ども・子孫にとって良いことかどうか」が全ての基準である当社の取組み:安全管理への取組みは 「HACCP・リスク管理」などを経て「ISO22000取得」食品へのこだわりは「有機JAS認定工場」の取得へと繋がっています。

Copyright © 七福醸造株式会社 All Rights Reserved.